読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男子校出身者の惚れ惚れdiary

ブログの主→とある男子校出身者24歳大学院生 恋多き性格のボクがどんな恋愛をしてきたか、そしてしているか赤裸々告白。男子校出身者ならではの切り口から、男子が普段思っていること、そして、どんな恋愛をしたいかしているかについてdeepに語ります。(経験がものすごく豊富というわけではなく、あくまで恋愛経験が少な目の方たちに読んでいただけると幸いです^^ 経験豊富な方にとってはなんだこれというような内容かもしれません。)内容は初恋/告白/恋愛/デート/女性/合コン/セックス/など

初対面の女の子とうまく話す方法

〜初対面女子とうまく話すにはどうしたらいい?〜

 

惚れ惚れ男子です。

 

ボクも高校を卒業して大学に入って最初の頃、女の子と普通の話をすることさえ、ままならないくらい緊張していました。

 

「気になるあの子とどうやって話せばいいのかな・・・」

 

「嫌われないかな・・・」

 

と常に否定的な思考で物事を考えていました。

 

もちろん今では、

 

普通に会話できるし、仲良くなることもできるようになりました。

 

そこで、女の子とうまく話す基本的なコツを伝授っ!

 

〜一番大事なこと〜

おどおどしない。

 

まず、これに尽きます。

 

おどおどしてしまうと、

 

「この人なんか変だ・・・」「まともに会話できないのか・・・」「気持ち悪い・・・」

 

という印象を持たれてしまいがちです。

 

ですので、おどおどしては絶対にいけません。

 

では、おどおどしないようにするためにはどうしたらよいでしょうか。

 

1 話す話題をいくつか持っておく

→話題をいくつか持っていれば、話が続かなくなった時に、すぐ話題を引き出せます。

沈黙するとどうしてもどうしようどうしようと、おどおどしがちですので、話題作りも重要です。

 

2 相手の目を見て話す。

→最初は恥ずかしいかもしれませんが、なるべく相手の顔を見て話しましょう。

目を見るのが恥ずかしければ、相手の鼻を見ましょう。(笑)

こうすることで、相手からは、この人って私の話を聞いてくれるんだ!と思ってくれることが多いです。

ただし一つ注意点です。ずっと見つめてはいけません。8秒に1回くらいは目線をずらしましょう。

これは、動物行動学的に、ずっと見つめる(睨む)ことは、敵対心を表すことと同じことのようです。

ですので、たまに目線は話しましょうね^^

 

3 連想ゲームをする

例えば、相手がゲーム好きだったしましょう。

この場合、ゲームに関連するワードをいくつか想像するのです。

プレステ、モンハン、恋愛系、マリオ、DS、ポケモン三国志テトリス・・・

などなど、きりがないくらい出てくると思います。

大抵、何個か話題を振ってみれば、ヒットするものです。

(もちろん、こちらもその話題についていある程度知らなければ意味がないのですが)

 

この3つを守るだけで、まず、会話が続きます。

そうすれば、きっとおどおどすることは無くなるはずです。

 

〜相手に合わせすぎてもダメ〜

なかなか難しいポイントです。

全部相手のペースに合わせすぎてしまうと、

「この人、何もしてくれないんだ・・・」

という感想を抱かれてしまいます。

これではダメです。

 

ですので、常にとは言いませんが、できるだけ、リードして話せるようになれると、好感度アップです。

 

もちろん、一般的には、女性の方がおしゃべりな方が多いですので、話をちゃんと聞き、連想ゲームでどんどん話を広げていくというような方法をとるのがオススメです。

 

7割聞いて、3割話す。

 

という感じでしょうか。

 

聞くだけでもダメ、話しすぎてもダメ、なんとも難しいところですね。

 

〜その人によってぜんぜん違う〜

ネット上には、あたかも公式のように、こうしたらいい、ああしたらいいなど載っていますが、

 

やっぱり、人によって、心地いいと感じる話し方は違います。

 

おとなしい子には話を振ってあげる率を高めたり、逆によく話す子だったら、話を聞いてあげる率を高めたりと、臨機応変に対応してあげることが重要です。

 

〜すればいい、みたいな謳い文句に騙されず、よく相手を観察して、相手の反応をよく見て話すように心がけるといいと思います。

(これは全ての人と話すときに共通のことかも?)

 

 

〜最低限の清潔感を保つ〜

特に初対面の場合、清潔感もとても重要です。

髪型、服装、臭い、肌など、なるべくお手入れをすべきだと思います。

少なくとも、最低限の身だしなみを整えることはしましょう。

相手を不快にさせてはいけません。

 

 

以上、これだけでも、だいぶ反応は変わってきます。

 

いろんな人とおしゃべりするのは楽しいことです。